古杜悟の頭の中


by koto_satoru

カテゴリ:言葉の再発見( 4 )

You mean ..., You're mean

今日のラジオの新基礎英語を聞いていて、知った。
"You're mean." 「意地悪!」 って意味なんだって。

ミーティングなんかで、こっちが説明にしどろもどろになっていると、
"You mean (that) ..."って、向こうが助け舟を出して「あんたの言おうとしているのは...ということじゃないのか」と、言ってくれるときがあって、うれしいのだけど、ほとんど同じような発音で
"You're mean."
という言い回しがあるなんて。
辞書をひくと
mean 2 a.
1 <才能など>見劣りのする、並みの。
2. 卑しい; みすぼらしい。
3. [+of+(代)名+to do]卑劣な、下品な、さもしい、けちな
4. 維持の悪い; <犬・馬など>かんの強い
5. [米口語] 気が引ける; 気分がすぐれない
6. [米口語] 難しい
7. [米俗] じょうずな、すばらしい

なかなか、むつかしいですね。

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by koto_satoru | 2004-09-25 20:57 | 言葉の再発見

アーサー・ビナードさん

JCBのゴールド会員に毎月送られてくる「The Gold」という、ちょっとリッチな雑誌がある。その巻頭を飾る「OPENING ESSAY」を毎月楽しみにしている。
19文字*48行 、すなわち原稿用紙2枚とちょっとの、ごく短いエッセイなのだが、毎号、さりげない日本語遣いの中に練りこまれたストーリー性が、強く心を打つのだ。
エッセイの作者は、アーサー・ビナードさん。
ページの下に、彼のプロフィールが一行だけで、これもごく端的に紹介されている。
Arthur Binard: 1967年、米国ミシガン州生まれ。90年来日。詩集「釣り上げては」で中原中也賞受賞。初のエッセイ集「空からやってきた魚」。
ということは、今、37歳。僕とほとんど変わらない。
90年来日。米語が母国語か。
中原中也賞?日本語で日本人向けの詩を?
ということは、このエッセイも本人が日本語で書いたのか!この言い回しも含めて!?
確かに、これは翻訳だとは思えない。翻訳者の記載はない。いや、英文をどう訳したってこの日本語の味わいは出てこない。これは日本語で考え、日本語で推敲されたものだ。すげえ!

アーサー・ビナード インタビュー : 「ことば」は、詩人のパートナー
アーサー・ビナード エッセー : アーサーの日本語徒然草

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by koto_satoru | 2004-09-24 12:31 | 言葉の再発見

冠詞のなし、あり

英文法の疑問―恥ずかしくてずっと聞けなかったこと生活人新書 119
本書の82ページに、冠詞のあり・なしについての卓見が述べられている。次の5つの文例が掲げられ、その意味の違いが解説されているのだ。
(1) I like a chicken.
(2) I like the chicken.
(3) I like chickens.
(4) I like the chickens.
(5) I like chicken.
著者の解説は、本書を御参照いただくとして、ここでは私が最近悟った「冠詞のなし、あり」について述べたい。

結論は、
 「オブジェクト指向でいうところの、クラス と インスタンス なんだ」
というもの。
オブジェクト指向を御存じない方には、なんじゃらほい、ってなものだろうが、ちょっとソフトウェアに関係した人なら、少なくとも耳には残っているはず。40歳以上のお年よりは知らんがね。

つまり、冠詞のない Chicken という概念(=クラス)があって、それを飼ったり、クビをひねったり、食ったりするのは a chicken / the chicken / chickens という実体(=インスタンス)であるという単純なこと。
なるほど、冠詞をもたない日本人にはとっつきにくい概念であったはずだ。

その意味では、↓この解説はちょっとね~。
オブジェクト指向のはなし

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by koto_satoru | 2004-09-19 12:05 | 言葉の再発見

お○○様

お父様、お母様、お爺様、お婆様

  自分からみて目上の人、か?

お坊様、お方様、お局様、お大尽様

  いや、どちらかというと、表面上尊敬しなければいけない人のようだ。

お上、とは言うけど、お上様、とは言わない。
神様、仏様、とは言うけど、お神様、お仏様、とは言わない。

  偉けりゃ、お○○様、となるわけでもなさそうだ。

お坊ちゃま、というのは、お坊様、なのか?僧侶と一緒か?

お医者様、お代官様、お屋形様

  そうか「表面上であっても尊敬しているそぶりを見せないと自分の命に関わる人」だ!

じゃぁ、「お嬢様」は?

  それを言う「じいや」や「小僧」や、「彼氏」のハートを奪うのさ。

もし、この小ネタにくすぐられたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by koto_satoru | 2004-09-17 20:26 | 言葉の再発見