古杜悟の頭の中


by koto_satoru
一枚100円の中古レコード?傷だらけで、溝は崩れていて、聴けたもんじゃないんじゃないのか?
そう思ったあなた。早計過ぎる。

針飛びをおこすようなヒドイ傷ならともかく、ちょっと擦ったような痕や埃が溜まった溝は、適切にクリーニングすることで新品同様に蘇るのだ。
レイカという会社のバランスウォッシャー33をだまされたと思って試してみてほしい。
確かに、レコードクリーナーとしてはコストがかさむ。趣味の一品だから、と贅沢をする気分でゆったり構え、丁寧に盤を磨くことによってどんな音が蘇るのかとドキドキしながらA液、B液を順にたらしながらビスコという特殊クロスで作業をするときの高揚した気分。
そしてアナログプレーヤーの針を落とす。
パチパチ、という音もせず、CDでは得難い「暖かい音」を楽しむことができる。

今、アナログレコードというものをクラブでスクラッチする以外に見たことも聴いたこともない人が増えているようだ。昔のもの=音が悪い、という先入観で捉えている人も多い。
CDよりずっと情報量が多く、豊穣な音が聴こえるんだよと言っても、まさか!という顔をする。ディジタルがアナログよりも勝っているという定理はどこにもないのに。

この内容が面白かったら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-28 22:08 | 音楽
その昔、グラモフォンのカラヤン指揮LPレコードの値段は2400円だった。
今でもCD新譜はそのくらいか。
小遣いの中から少しずつ、数ヶ月貯めてやっとの思いで買ったものだ。なんとなく、ポピュラーよりもオーケストラのほうがレコードとしての価値が高いような気がして(だって、演奏に参加している頭数が違うじゃない)、そちらばかりを選んでいたような気がする。

そして、今。何と恵まれた時代にあることか!
とにかくここへ行こう。エレベータを4Fで降りると、店舗前に100円均一(消費税込みで105円になっちゃったけど)のLPレコードが、文字通り山のように。
もちろん、店内にも沢山の貴重な盤があって、そちらを物色するのも楽しいのだが、1枚100円という値段は、買い物に失敗しても後悔しない、掘り出し盤に当たれば狂喜という、ローリスク&ハイリターンの目くるめく世界が広がっている。
決して屑レコードばかりが並べられているのではない。その昔、買いたかったけれども先に述べたような理由で見送った「青春の後姿」を捉まえることができるチャンスがある。そういう盤b0028276_053520.jpgに出会ったとき、もしここで僕が救ってあげなければ廃棄されていたのかもしれないと思うと、僕の心は震える。
結局、いつも15枚前後を仕入れてしまい、肩が抜けそうになりながら帰宅することになる。
でも、休日の空いた下り電車に腰を下ろし、最寄り駅まで「アルバム」のライナーノートを読みながら浸る至福。満足感と幸せを感じるひと時を大切にしたい。

面白いと思われたら、↓クリックしてください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-28 00:04 | 音楽

アナログプレーヤー

今年になってから、再びどうしてもLPを聞きたくなった。
3月春分の日あたりに、実家へ車で戻って、25年前に買ったコンポーネントステレオから、プレーヤーだけ持ってきた。TechnicsのSL-1700


中学から大学時代まで、こつこつと集めたLPレコードが数十枚。レコードでも少年には高い買い物だったから、枚数は思ったほど多くなかった。でも、一枚一枚にぎっしり思い出は詰まっている。
そのアナログプレーヤーの針を新しく買い替え、これまた年代モノのミニコンポ Pioneer Privateに接続して、楽しんでいる。
※パイオニア プライベートシリーズは、中森明菜のCMが美しかった


この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-26 17:37 | 音楽

You mean ..., You're mean

今日のラジオの新基礎英語を聞いていて、知った。
"You're mean." 「意地悪!」 って意味なんだって。

ミーティングなんかで、こっちが説明にしどろもどろになっていると、
"You mean (that) ..."って、向こうが助け舟を出して「あんたの言おうとしているのは...ということじゃないのか」と、言ってくれるときがあって、うれしいのだけど、ほとんど同じような発音で
"You're mean."
という言い回しがあるなんて。
辞書をひくと
mean 2 a.
1 <才能など>見劣りのする、並みの。
2. 卑しい; みすぼらしい。
3. [+of+(代)名+to do]卑劣な、下品な、さもしい、けちな
4. 維持の悪い; <犬・馬など>かんの強い
5. [米口語] 気が引ける; 気分がすぐれない
6. [米口語] 難しい
7. [米俗] じょうずな、すばらしい

なかなか、むつかしいですね。

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-25 20:57 | 言葉の再発見

アーサー・ビナードさん

JCBのゴールド会員に毎月送られてくる「The Gold」という、ちょっとリッチな雑誌がある。その巻頭を飾る「OPENING ESSAY」を毎月楽しみにしている。
19文字*48行 、すなわち原稿用紙2枚とちょっとの、ごく短いエッセイなのだが、毎号、さりげない日本語遣いの中に練りこまれたストーリー性が、強く心を打つのだ。
エッセイの作者は、アーサー・ビナードさん。
ページの下に、彼のプロフィールが一行だけで、これもごく端的に紹介されている。
Arthur Binard: 1967年、米国ミシガン州生まれ。90年来日。詩集「釣り上げては」で中原中也賞受賞。初のエッセイ集「空からやってきた魚」。
ということは、今、37歳。僕とほとんど変わらない。
90年来日。米語が母国語か。
中原中也賞?日本語で日本人向けの詩を?
ということは、このエッセイも本人が日本語で書いたのか!この言い回しも含めて!?
確かに、これは翻訳だとは思えない。翻訳者の記載はない。いや、英文をどう訳したってこの日本語の味わいは出てこない。これは日本語で考え、日本語で推敲されたものだ。すげえ!

アーサー・ビナード インタビュー : 「ことば」は、詩人のパートナー
アーサー・ビナード エッセー : アーサーの日本語徒然草

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-24 12:31 | 言葉の再発見

PEPSIのCMにBrianとRoger

今流れているPEPSIのコマーシャルにQueenのBrian MayとRoger Taylorが一瞬、映っていますね。
このCMは"We Will Rock You"にのって、ブリトニー、ビヨンセ、ピンク、3人のグラディエーター(って、何?)がコロシアムで殺しあむ、っていうものです。
ペプシCM
そこに一瞬だけ、おっさんというか、爺さんになっちゃったブライアンとロジャーが映っている。

このCMが流れると、「二人を見るために」画面に目をやってしまう漏れ。ショートバージョンで映らないと
_| ̄|○ がっくり。

真ん中のねぇちゃんは3人のうち、誰だかわからない。つぅか、ブリトニー、ビヨンセ、ピンクって有名なの? ねぇ、ねぇ。
この写真の場合、一般的には「なんや、このおっさんたち。うらやましいな」となるのかな。
「なんや、このねぇちゃん。うらやましすぎるぞ」と思う漏れは変ですか。

ところで、これもチョットしか映らない皇帝役のにいちゃんは、フリオ・イグレシアスの息子だそうで。

この内容をおもしろいと思われたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-22 19:02 | 音楽
前回からの続き。

私のようなサラリーマンは、税金が給与天引きだから、納得もなにもなく、ただ名目と手取りの差にため息をつくばかりなのだが、あるとき...

担当営業として非常に大規模な商談をまとめることに成功し、その年の年収は通常年の約2倍となってしまった。通常なら年末調整で済む平サラリーマンが、高額医療費控除や住宅ローンに関わる税金還付申告ではなく、確定申告ですよ。
記入用紙をダウンロードして、説明書を読んでも全く訳がわからないものだから、有料の計算サービスサイトに申し込んで(どこのサイトだったか、もう忘れてしまったが、これは使いやすかった。説明も国税庁のものより数段わかり易かった)、一生懸命計算して、「うっへー、こんなに税金を払わなきゃならないんだ!」という、もうね、アホか、馬鹿かという驚きと、こんな私でも社会に少しは貢献できているんだという、ちょっとばかし誇らしい実感とがないまぜになった気分。
それがですね、税務署へ行ったとたん、なんか人がめちゃくちゃいっぱいで駐車できないんです。で、よく見たらなんか看板立ててあって、申告書記入会場こちら、とか書いてあるんです。申告書ぐらい自宅で書いて来いや、とか思いながら、なんとか申告書提出窓口にいったら長蛇の列。そこでまたぶち切れですよ。
あのな、俺は納税者番付に載るほどじゃねーけどよ、大金を真面目に申告しに来たんだよ。VIP対応とまでは言わないが、「わざわざお運びくださいまして、本当にありがとうございます」って担当が揉み手で出てきて、「どーぞこちらへ」ってソファのあるところに案内されて、「粗茶ですが」なんて出されたものをすすりながら、「そうですね、私の納める税金は、これこれ、こういう方面に使っていただければうれしいですね」なんて、希望を言い、社会のためになるんだな~って実感したいじゃないかよぉ。ボケが。

って、何となく吉野家コピペの混じった妄想をしているうちに、長蛇の列に疲れ果て、窓口にたどり着いたら「ご苦労様」の一言もなく、もちろん「沢山収めていただき、ありがとうございます」などありもせず、検印をバンバンと押して、数枚の紙を渡されておしまい。
拍子抜けするとともに、その紙を見て、唖然。

次の年、「予定納税」という制度に従って、源泉徴収される税金とは別に、7月11月と「前納」しなければならない、ですとぉ!!
で、その年の所得税の見積り額が予定納税基準額よりも少なくなる人は、「予定納税額の減額申請書」を提出して承認されれば、予定納税額は減額される...その申請書には「正当な理由」を書かなければならないのだそうだ。思案した結果、書いたよ。屈辱的な「業況不振により本年は確定申告を要しない年収額に収まりそうであり、源泉徴収および年末調整によって云々」という文言。給料もらっていないのに、税金だけ前払いせよ、って、ただでさえ、一年遅れで始まるの住民税のために、私の給料の手取りは極端に目減りするというのに...

この一件だけで、勤労の結果得た収入の中から、誇らしい気持ちでもって、社会のために納税しようという気持ちは、ガラガラと音を立てて崩れた。
自分は営業職だから、なおさら腹が立つ。
カネを得る側(徴税側)が、払う側(納税者)を全くヒトとして見ていない。客の前にヒトとして!
当然、払う側は納得することなどできない。
徴税側は「恒常的な歳入を確保」することしか考えていない。

「予算」は立てるものであり、使うものであるという発想しかない。
製品やサービスを改善して、汗水たらして、顧客を説得して、死に物狂いで達成するという考えはそこにはない。

このテーマ、もう一回、続く...

もし、この内容に納得されたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-21 21:23 | 地方自治
9/18の福井日銀総裁の言葉だという。
日銀総裁、国や地方の税金の使い方「本当に下手」
ブログめぐりをしていて、余丁町散人氏のサイトLetter from Yochomachiで見かけた。初めてトラックバックなるものをしてみたい。

余丁町散人氏は、「税金ばらまきで得する人が多くいるから、それが問題」と指摘されている。私自身が「税金ばらまき」の対象となったなと実感したのが、公明党の「地域振興券」をもらった時。他の場面で感じたことがないので、「得する人」になってみたいものだ。

福井氏は「税金の使われ方を我々がもっと監視しないといけない」というが、何をどうやって監視せよというのか。
  何を ... 自治体予算の全部?
        間接税を含めるといくら払っているかわからない自己納税分?
  どうやって ... 決算書を見るのもしんどい。
           使われ方が生き金か死に金かを判断するのはもっと難しい。
  誰が ... 自治体住民が皆で、と福井氏は言っているようだが。そんなに暇じゃない。
        だいたい、住民は本来は個人が行うべき行政の仕事を公僕に信託しているの
        ではないのか?そんなに暇じゃないから。
        まさか「我々」が、日銀を指すわけではあるまい。

どうも、福井氏は理想論を述べているだけのような気がしてならない。

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-20 19:19 | 地方自治

恒常的な歳入を確保

中曽根康弘著 自省録より

「財政赤字からの脱却を目指すためには、恒常的な歳入を確保できる間接税の導入は避けて通れない」

間接税、おおいに結構。直接税と間接税の使い分けについては、また後日私論を述べるとして、ここでは「恒常的な歳入を確保」しなければならないという考え方について、違和感を表明したい。

この考え方は民間では通用しない。

「予算」達成に救急として営業をしている民間には、「恒常的な」売り上げという概念は存在しない。商品やサービスの質や量を向上させ、マーケティングを効果的に行い、営業が売り、ライバル会社と競争するのだ。
お客様はきまぐれで移り気で、身勝手だから、繋ぎとめておくために多大な努力が払われるのだ。そうしないと負けてしまう。
負ければ淘汰される。公正なルールの下で競争しないと糾弾される。

しかるに、なぜ、歳入は「恒常的な」ものとして「確保」されなければならないのか。

納税者は公的・行政サービスの対価として地方税を払っている(このところはちょっと難しい。同じサービスを受けていても、納税者の所得に応じて、対価に相当する税金額が異なるから。累進課税に文句がないわけではないが、富の再分配という視点では合理的な仕組みであると評価している)のに、きまぐれで移り気で、身勝手になれない。
住所によって、カネを受け取る側に首根っこを捉まえられ、納税金額を示され、びた一文負からん、期限が過ぎたら追徴だと脅される。

喜んで払う、納得して払う、という気が失せる制度ではないか?
脱税に走るよう、精神指導しているのではあるまいか?

私のようなサラリーマンは、税金が給与天引きだから、納得もなにもなく、ただ名目と手取りの差にため息をつくばかりなのだが、あるとき....(以降、次号)
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-20 11:44 | 地方自治

冠詞のなし、あり

英文法の疑問―恥ずかしくてずっと聞けなかったこと生活人新書 119
本書の82ページに、冠詞のあり・なしについての卓見が述べられている。次の5つの文例が掲げられ、その意味の違いが解説されているのだ。
(1) I like a chicken.
(2) I like the chicken.
(3) I like chickens.
(4) I like the chickens.
(5) I like chicken.
著者の解説は、本書を御参照いただくとして、ここでは私が最近悟った「冠詞のなし、あり」について述べたい。

結論は、
 「オブジェクト指向でいうところの、クラス と インスタンス なんだ」
というもの。
オブジェクト指向を御存じない方には、なんじゃらほい、ってなものだろうが、ちょっとソフトウェアに関係した人なら、少なくとも耳には残っているはず。40歳以上のお年よりは知らんがね。

つまり、冠詞のない Chicken という概念(=クラス)があって、それを飼ったり、クビをひねったり、食ったりするのは a chicken / the chicken / chickens という実体(=インスタンス)であるという単純なこと。
なるほど、冠詞をもたない日本人にはとっつきにくい概念であったはずだ。

その意味では、↓この解説はちょっとね~。
オブジェクト指向のはなし

もし、この内容に興味を持たれたら、↓クリックしてやってください。よろしくお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
# by koto_satoru | 2004-09-19 12:05 | 言葉の再発見